人気の格安SIMと格安スマホのおすすめプランって?

格安SIMと格安スマホのおすすめプランについて解説しています。

格安SIMでもクーリングオフ制度はあるのかそしてどのような際に適応できるのか

2018年2月2日 No Comments

格安SIMは自分ですべて対応するなどという点はあるものの、お得に利用をしていただける存在でもあります。
そこで今回は、格安SIMの「クーリングオフ」について見ていくことにしましょう。
果たして行う事は可能なのでしょうか。

格安SIMでもクーリングオフはできるものなのか

以前においては、クーリングオフは対象外とされていたのが格安SIMでした。
だからこそ、いざという際に困ったという経験をお持ちの方もおいでのことでしょう。
しかしながら、契約時のトラブルが見受けられることが増え、2016年の5月から「電気通信事業法の一部改正」が行われて、格安SIMにおいてもクーリングオフが可能となったのです。

改定ポイントについて

法律内における改定ポイントですが、「初期契約解除制度の導入」です。
この項目がいわゆるクーリングオフに該当します。
これによって、契約から「8日以内」であればクーリングオフが適応できることになりました。

覚えておきたい格安SIMのクーリングオフ

とはいえ、どのような場合でもクーリングオフ適応というわけではありません。
以下の点を抑えておくと基準となるでしょう。

・解約できるのは契約から8日以内であること。
・利用状況が十分でない場合(電波の状況など)に解除が可能とされる。
・契約書類がない・十分な説明がなされなかった・説明内容に虚偽が見受けられたという場合。
・解約までに発生した利用料金や手数料などが利用者によって支払うこと。

必ず記載を確認しよう

キャリアですとこのような記載がなされていることが多いようですが、格安SIMはそれがない。
という声もあるかもしれません。
しかし、よく見ていただくとその記載を確認していただけるかと思いますので事前にしっかりと目を通していただければと思います。
また、これから格安SIMをという方においては、クーリングオフに関する記載がしっかりとなされているところを選ぶと言うのも良いかもしれません。

一般ユーザーが増えたことも大きな背景

格安SIMでもクーリングオフ適応となったのは、最近では一般向けに広く普及したからという背景もまた要素の1つとなっているのです。

関連記事

  • Published On : 1年 ago on 2018年2月2日
  • Author By :
  • Last Updated : 3月 25, 2019 @ 11:45 am
  • In The Categories Of : お役立ち情報